補修事例

2022/04/09

こじ開けられて鍵が壊れた玄関ドアの修理

バールで強引にこじ開けられた玄関ドアの補修です。

 

 

作業前の状況

バールを奥まで突っ込んで変形してしまっています。

鍵が壊れてしまったので直して欲しいとのご依頼でした。

 

変形したドア

 

外側の取手・シリンダーを外します。

そして切る部分、膨れた部分は叩き込みます。

 

切って叩いた状態(外側)

 

切って叩いた状態(内側)

 

ステンレスの切り板を貼って補強していきます。

色は玄関に馴染ませます。

 

ステンレスの板を貼った状態(外側)

 

ステンレスの板を貼った状態(内側)

 

ドアの小口も、切り貼りをしてパテをして整形します。

 

ドアの小口も整形

 

新しい取手・シリンダーを設置して完了

 

 

作業レポート

ビフォーアフター

 

ビフォーアフター

 

今回は珍しい事例ですが、このような症状であっても交換ではなく補修技術で直すことが可能です。

 

玄関ドアの交換をご検討されている方は、補修という選択肢もぜひ一度ご覧ください。

 


お見積もり・ご相談の方法

メールまたはLINEで、補修したい箇所の写真をお送りください。




お見積もり・ご相談フォーム

    *は必須項目となります

    お名前 *

    会社名

    電話番号

    メールアドレス *

    ご希望の連絡方法 *
    メールお電話

    ▽ お電話の方は、ご希望の曜日と時間帯をお選びください
    ご連絡希望曜日

    ご連絡希望時間帯

    現場住所
    -
    郵便番号を入力してください。都道府県以降が自動入力されます。

    ご住所 *

    続きのご住所

    物件情報 *

    ご希望納期

    現在の状況

    添付ファイル
    ※最大容量10MBまで


    ※ファイルを選択できない方はこちらをご覧ください

    内 容

    ウェイアウトとzoomで打ち合わせ

    LINEで送信する

    メールで送信する

    電話で相談する

    ※お電話では傷の程度などが把握できないので終話後、お写真を送っていただく必要があります

    ウェイアウトとZoomでお打ち合わせ