補修事例

2019/12/01

玄関ドアのリフォームを検討中のあなたへ。丸ごと交換ではなく、部分的にリフォームする補修という選択肢をご存知ですか?

玄関ドアのリフォームと補修について

家の顔とも言われる玄関。

でもいつの間にかへこみ傷があったり、塗装がはがれていたり。拭いても消えない擦り跡や、雨風の影響で錆びてきたり・・・。

住み始めた頃とはまるで別物のようになっていませんか?
僕たちは下記のようなご相談をよく頂いています。

  • 玄関ドアのへこみをなんとかしたい・・・
  • ドアの端の方が腐食してきている・・・
  • 金属部分のメッキが剥がれて、なんだか汚らしい・・・

など、毎日出入りする玄関だからこそ気になるものです。
その傷みなんとかしたいですよね。

 

そもそも玄関の修理って高いの?ドアごと交換が必要?部分的に修理はできるの??
今回は玄関ドアの修理に関してまとめてみました!

 

1. 玄関ドアを部分的にリフォームする「補修の費用」はどのくらい?

まず玄関ドアの部分的なリフォームといっても、どのような補修が必要なのか、ケースに分けて見ていきます。

玄関ドアのへこみ

玄関ドアの凹み

これは、マンションの玄関ドアでへこみ、細かなキズなどありました。

作業内容
へこみをパテしてメタリックの調色で塗装しました。
約6時間の作業で、金額は45,000円でした。

玄関ドアの傷

玄関ドアの傷

こちらもマンションですが、インターフォンの横にあるパネルを補修しました。

作業内容
へこみをパテして、調色柄付け(木目)にて補修しました。
作業時間は約2時間で、金額は35,000円でした。

玄関ドアの腐食

玄関ドアの腐食

こちらは下端の部分が経年劣化もあり、錆でボロボロになっていました。

作業内容
扉を外して、サビ取り→錆止め→へこみパテ→単色の塗装にて70,000円でした。
見た目のみであれば、35,000円程でも補修可能です。

玄関ドアの塗装

玄関ドアの塗装

マンションの大規模修繕に合わせての塗装を行いました。

作業内容
玄関ドアの白くなっている箇所は傷ではなくクリアの劣化なので、表面をクリア塗装しました。
扉1枚あたりは25,000~30,000円です。ボリュームが多いときは、見積にてご相談ください。

玄関ドアの事例一覧を見る

 

2. 玄関ドアを丸ごと交換する費用はどのくらい?

そもそも玄関ドアだけを丸ごと交換できるの?
できます。
玄関ドアの丸ごと交換に必要な費用はどのくらい??
玄関ドアの枠組みなどを変更する必要がなく、 同じサイズのドア商品を取り付ける場合なら平均20万円程度 で施工が可能です。 ドアの枠から丸ごと交換する場合なら30万円程度 になります。
*ただしドアの種類や商品によって金額は変動します
玄関ドアをリフォームしたら、今までの鍵は使える?
玄関ドアを丸ごと交換するので、従来の鍵はお使いいただけなくなりますが、ディンプルキーなど防犯機能の高い鍵に変更することもできます。また玄関ドアをリフォームすることで、防音機能を高めたり、お部屋の印象も変えることができるメリットもあります。

\ここで豆知識!/

賃貸マンションの場合 玄関ドアの凹み・傷は修理するべき?

賃貸マンションの場合、玄関ドアに限らず居住してついた傷に関しては、基本的に原状回復して退去しなければなりません。

▼敷金内で修理可能かどうかについて詳しくは下記をご覧ください

玄関ドアの場合、室内側にできた傷なのか、外に面した側の傷なのかによって貸主、又は借主のどちらが修理費を負担するのかが変わってくることがあります。

玄関ドアの外側は共有部分と考えられ第3者がへこました可能性もあり、借主に支払い義務がないかもしれません。

お住まいの物件の管理会社さん等との契約書をよくご確認されることをオススメいたします。

別途費用がかかりますが、弊社では敷金診断士を立ち会わせる事も可能です。

敷金診断士とは?(日本敷金診断士協会のホームページへ)

敷金診断士とは?

賃貸目的物の原状回復費用の算定を行う専門家として、特定非営利活動法人日本住宅性能検査協会の実施する試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者です。公正・公平な第三者の視点で、賃貸物件の適正な原状回復費の査定を行います。

 

3.【まとめ】玄関ドアのリフォームは丸ごと交換ではなく、部分的にリフォームする補修で解決できる!

意外に思われるかもしれませんが、大抵の玄関ドアの傷や凹みなどの修理は、部分的なリフォームで補修することができます!

実際に、お客様から弊社にお問い合わせ頂く内容では、部分的なリフォームで補修できるケースがほとんどです。

もちろんリフォームが必要な範囲や程度によっては、丸ごと交換した方がいい場合もあります。

部分的にリフォームする補修といっても、

  • こんなのは無理じゃないか・・・
  • 本当に直るのかわからない・・・

という方には、僕たち職人の目で一度確認しますので、お気軽にお問い合わせください。

※色柄によっては100%再現が困難で、70%〜80%の再現は可能な場合もあります。

ご要望をお聞きした上で、再現度のご提案をしています。

 

補修の費用の違い

項目 概算費用
丸ごと交換の場合 20万円-30万円程度
部分的なリフォーム補修の場合 5万円-10万円程度
*工事内容によって変動

 

それぞれのメリット

丸ごと交換のメリット
  • ドアが新しくなる
  • ディンプルキーなど防犯機能の高い鍵に変更することができる
  • 商品価格を上げれば防音機能を高めることができる
部分的なリフォーム補修のメリット
  • 低予算で直すことができる
  • 廃盤など替わりのない玄関ドアも直すことができる
  • 賃貸マンション等で丸ごと交換が難しい方にも対応可能
  • 思い出のつまった玄関をそのまま使い続けることが出来る

まずは、今の玄関ドアの写真となぜリフォームを検討されているのかをメールまたはLINEでお送りください。あなたに合ったプランをご提案いたします。

お問い合わせはこちらから

 

事例紹介

弊社には玄関ドアのキズ、凹みなど様々な補修事例があります。
参考にご覧ください。もちろん事例にないような症状も対応可能です。

玄関ドアの補修事例一覧を見る

 

4. 見積もりの方法

メールまたはLINEで、補修したい箇所の写真をお送りください。

LINEで送信する

メールで送信する