補修事例

2020/04/09

フローリングのキズや凹みは補修で直す! 張り替えなしで直す方法と費用はどのくらい?

フローリングの凹み傷の修理

フローリングの補修について

賃貸マンションや持家、またはオフィスや商業施設など、フローリングは幅広く様々な箇所に使用されています。

代表 坂口
今回はフローリングを直す方法は
張り替えだけではない、補修という選択肢をご紹介します

 

こんなキズも直せる?事例とその費用

フローリングのキズ・凹み

重い物を落としたり、ペットによるひっかきキズで、できてしまった事例です。

フローリング キズ ペット

費用:60,000円

フローリングのめくれ

オフィスなどでよくある事例です。
キャスタ付きのイスを使用して、フローリングに負荷がかかりめくれてしまった状態です。

フローリングめくれ補修

費用:35,000円

フローリングのシミ・腐食

洗面台やキッチンなどに多くみられる事例です。
水によってフローリングが腐食し、黒くシミができています。
冷蔵庫や観葉植物を移動させた後にもみられることがあります。

フローリングシミ腐食

費用:40,000円          

フローリングの焦げ・変色

アイロンの焦げ跡がついてしまったり、長年置いていたモノを動かすと
フローリングの色が違ってしまう(日焼けや経年劣化)事例です。

フローリング焦げ変色

費用:30,000円

張り替えずに直せる補修の強み

部分的に直せる

補修は、部分補修ができるため直したい部分だけを直すことができます。

事例
窓際のフローリングが雨水等でめくれて、色はげが起きてしまった

フローリング経年劣化

この場合、直す必要のある部分は、窓際の一部なのに、一部だけ張替えたとしたら全体と色が違って見えるため全面張り替えをすすめられるケースが多いです。

代表 坂口
全体の色と違って見えるというのは、キズのないフローリング部分も
経年劣化によって新品と比べると色あせしていることがあるためです。

 

フローリング補修

代表 坂口
補修では直したい部分だけを直すことが可能です

※補修部分は光の当たり具合や見る角度によって色が違って見えることがあります

 

費用が張り替えた時の1/4〜半値で収まる

補修の範囲や程度にもよりますが、フローリングの全面張り替えに比べて部分的に補修ができるため、大幅に費用が抑えられます。

ポイント
元のフローリングがどんなもので、直した後はどんなフローリング材にするかで金額は変動します
代表 坂口
床暖房のあるフローリングの場合も、
補修は可能です

フローリングのめくれ0.5㎡範囲として

範囲 金額
全面張り替え時した時 50〜150万
補修で直した時 5〜10万
代表 坂口
張り替え時の約1/4で直すことができます

フローリングのシミ2㎡範囲として

範囲 金額
全面張り替え時した時 50〜150万
補修で直した時 5〜15万
代表 坂口
張り替え時の約1/3で直すことができます

 

フローリングを取り寄せる必要がないから即対応

たとえフローリングがなかなか手に入らないものであっても、取り寄せる必要がないため、すぐに補修で直せます。

パーツの取り寄せに時間がかかる場合や、張り替えるほどでもない小傷が広範囲にある時など、補修には部材が必要ないのでお困りの際も迅速に対応ができます。

 

まとめ

フローリングのあらゆるキズや腐食などは、補修で直すことができます。
部分的に直すことができるので全面を張り替えた時よりも、費用が1/3以下に抑えられ、キズがわからないように仕上がります。

また、パーツなどの部材を取り寄せる必要がないので

  • すぐに直して欲しい時
  • マンションの退去時

などお困りの際にもスピーディーに対応できます。

代表 坂口
フローリングで気になる箇所がありましたら、
お気軽にご相談ください

 

賃貸物件から待機する際の修理費用に関しては、こちらに詳しく書いています。

 

お見積もりの方法

メールまたはLINEで、補修したい箇所の写真をお送りください。

LINEで送信する

メールで送信する

ウェイアウトとzoomで打ち合わせ