パーツクリーナーで塗装面が剥げてしまった玄関ドアの補修

鍵穴の交換中にパーツクリーナーの液だれで塗装面が剥げてしまった事例です。

 

玄関扉ドアの塗装面のハゲ補修前

 

補修前の状況

ホームページを見てお問い合わせ頂いた案件です。
鍵の交換の施工中にクリーナーが液だれして、表面の塗装面が剥げてしまったとのことでご依頼頂きました。

 

玄関扉ドアの塗装面のハゲ補修

 

玄関扉ドアの塗装面のハゲ補修後

 

 

作業レポート

パーツクリーナーで溶けるぐらいの表面なので慎重に作業しました。

おおよそ3時間の作業でご入居者様にもご確認頂き、作業終了しました。

 

今回は柄がない扉でしたが同じようなケースで木目柄の施工事例もあります。

 

玄関ドアの補修事例はこちらから

 

LINEで送信する

メールで送信する

電話で相談する

※お電話では傷の程度などが把握できないので終話後、お写真を送っていただく必要があります