玄関扉のドアストッパー撤去によりビス穴を補修|大阪市 北区

 

賃貸マンションの玄関扉の補修事例をご紹介します。

 

元々、玄関扉と枠にドアストッパーが付いていましたが、不要になったのでドアストッパーが取り外されました。

その取り外しにより、ビス穴が見えた状態になっています。

 

玄関扉 ビス穴補修前

玄関扉 ビス穴補修前

 

 

このような状態からおおよそ2時間の作業を経てこのようになりました。

 

玄関扉 ビス穴補修完了

玄関扉 ビス穴補修完了

 

玄関ドアは取り替えよりも補修がおすすめの理由

玄関ドアの補修依頼はキズ・へこみなどが比較的多いのですが、例えばこのように用途が変わった場合なども、そのままにするのではなく補修で対応可能です。

取り替えは費用も高くなりますので、こんな時にも補修は役に立ちます。

 

玄関扉・ドアでお困りの際は玄関ドアの補修事例一覧をご覧ください。

 

LINEで送信する

メールで送信する

電話で相談する

※お電話では傷の程度などが把握できないので終話後、お写真を送っていただく必要があります