溶剤により変色した玄関扉を塗装で補修|大阪府 枚方市

 

玄関ドアの塗装による補修事例をご紹介します。

 

築年数が15年の分譲マンションの大規模修繕工事中の事例です。

工事に入られていたペンキ屋さんが誤って玄関扉に塗料を付着させたようです。

そのあと、その部分を溶剤で除去しようと拭かれたところ、玄関扉の表面が変色したようです。

現地で調色した塗料を吹きつけ、塗装で元々の色に再現しました。

 

玄関扉の変色_補修前

玄関扉の変色_塗装前

 

玄関扉の変色_塗装後

玄関扉の変色_塗装後

 

作業時間は、おおよそ3時間でした。
今回のように工事中のハプニングによる塗装なども行っておりますが、分譲マンションでは経年劣化での塗装のご依頼もあります。

 

 

関連リンク

玄関扉・ドアの補修事例一覧はこちら

 

塗装での補修に関する事例一覧はこちら

 


お見積もり・ご相談の方法

メールまたはLINEで、補修したい箇所の写真をお送りください。




お見積もり・ご相談フォーム

    *は必須項目となります

    お名前 *

    会社名

    電話番号

    メールアドレス *

    ご希望の連絡方法 *
    メールお電話

    ▽ お電話の方は、ご希望の曜日と時間帯をお選びください
    ご連絡希望曜日

    ご連絡希望時間帯

    現場住所
    -
    郵便番号を入力してください。都道府県以降が自動入力されます。

    ご住所 *

    続きのご住所

    物件情報 *

    ご希望納期

    現在の状況

    添付ファイル
    ※最大容量10MBまで


    ※ファイルを選択できない方はこちらをご覧ください

    内 容

    ウェイアウトとzoomで打ち合わせ

    LINEで送信する

    メールで送信する

    電話で相談する

    ※お電話では傷の程度などが把握できないので終話後、お写真を送っていただく必要があります

    ウェイアウトとZoomでお打ち合わせ