雨の吹き込みで濡れたフローリングを部分張り替え

雨水に濡れたフローリングを張り替えた事例です。

フローリングの浮き

フローリングのふやけ

 

補修前の状況

窓を開けている時に、雨が降りフローリングが濡れてしまったとのことでした。

 

近くで見るとふやけて、浮いているのがわかります。

 

フローリングの浮き

フローリングのふやけ

 

また別の箇所ではわずかですが変色も確認できました。

 

フローリングの変色

フローリングの変色

 

 

フローリングをめくって状態確認

こうして見ると、状態がひどくは見えないので表面のみを直すことをご検討されるかも知れません。

 

ただ表面はこのような状態でも、フローリングをめくると違うことが多々あります。

 

フローリングをめくってみます。

 

フローリングのカビ

フローリングのカビ

 

そうすると、やはりフローリングの隙間から入り込んだ雨水によって、中にカビが発生していました。

 

一回水を吸うと、自然乾燥はむずかしいのでこのようになってしまいます。

 

フローリングのカビ

フローリングのカビ

 

 

フローリングの張り替えで対応します

繰り返しになりますが、ここまでカビが発生している場合は部分補修ではなく張り替えが必要です。

 

ただし、全面ではなく水を含んでいる箇所(カビが発生している)を張り替えます。

 

今回、張り替えの必要があるフローリングは下の写真です。

 

張り替え箇所

張り替え箇所

 

部分張り替えには、同じフローリングがあることが条件にはなりますが、こちらは築年数が6年とまだ浅いマンションだったの同じ材料で部分張り替えが可能でした。

 

フローリングの部分張り替えに必要な条件とは?
メーカーによってサイズが違うので、現状と同じ材料があることが条件となります。

 

張り替え作業の風景

このように床暖房のあるフローリングでしたが、気をつけながら張り替えをしていきます。

 

床暖房のフローリング張り替え

床暖房のフローリング張り替え

 

床暖房のフローリング張り替え

床暖房のフローリング張り替え

 

張り替え作業

張り替え作業

 

 

張り替え作業の完了

以上で、作業が完了です。

部分張り替えで、綺麗なフローリングとなりました。

 

フローリング張り替え後

フローリング張り替え後

 

 

\今回のポイント/

フローリングが雨の吹き込みなどで濡れた場合

  1. 表面だけではなく、水が中まで浸透していないか確認する
  2. わからない場合は、その確認作業から依頼する
  3. 床暖房がある場合も、張り替えが可能(会社によります:弊社は可能です)
  4. 張り替えの範囲は、材料の有無によって変わる

 

弊社は、マンション施工会社・管理会社さんからのご依頼で補修を行なっています。

ですので、通常は難しい材料でも入手が可能です。

 

他社さんで「同じ材料がない」と言われた場合でも一度ご相談ください!

 

 

フローリング張り替えのご相談について

水漏れした箇所の写真を、メールまたはLINEでお送りください。

 


お見積もり・ご相談の方法

メールまたはLINEで、補修したい箇所の写真をお送りください。




お見積もり・ご相談フォーム

    *は必須項目となります

    お名前 *

    会社名

    電話番号

    メールアドレス *

    ご希望の連絡方法 *
    メールお電話

    ▽ お電話の方は、ご希望の曜日と時間帯をお選びください
    ご連絡希望曜日

    ご連絡希望時間帯

    現場住所
    -
    郵便番号を入力してください。都道府県以降が自動入力されます。

    ご住所 *

    続きのご住所

    物件情報 *

    ご希望納期

    現在の状況

    添付ファイル
    ※最大容量10MBまで


    ※ファイルを選択できない方はこちらをご覧ください

    内 容

    ウェイアウトとzoomで打ち合わせ

    LINEで送信する

    メールで送信する

    電話で相談する

    ※お電話では傷の程度などが把握できないので終話後、お写真を送っていただく必要があります

    ウェイアウトとZoomでお打ち合わせ