特集

2019/04/09

外壁を直したい。でもこれって何ていう素材? たぶんそれサイディングです!

サイディング補修

 

サイディングと聞いて、ピンッと来る方は、
建築関係の方か、ホームセンターがお好きな方でしょうか。

 

あまり馴染みのない方がほとんどかと思いますが、
外壁のほとんどが、そのサイディングで出来ているんです。

 

今回はサイディングとは何か?
また、サイディングにどんな種類があるのかを、ご説明していきます。

サイディングがどんなものなのかわかると、直せないだろうと諦めていた所が直せることにお気づき頂けるかもしれません!

あきらめる前に、まずこちらをご覧下さい。

 

1. サイディングって何?

簡単にいうと・・・建物の外壁に使用する外壁材の一種です

例えばこんなものです。

 

窯業系サイディング

窯業系サイディング

 

金属系サイディング

金属系サイディング

 

タイル調

タイル調

 

レンガ調

レンガ調

 

従来はモルタルという素材で作られることが多かったのですが、昨今ではサイディングが使用されるケースがほとんどです。

 

その理由は、モルタルに比べて・・・

  • 低コスト
  • デザイン・種類が豊富
  • 施工時間が短い
  • 耐水性優れている
  • 工場生産のため安定した供給が出来る

などが主な理由です。

 

 

2. サイディングの種類とは

サイディングは4種類に分類されます。

 

窯業系サイディング

外壁工事中による窯業サイディング穴補修

 

窯業系サイディングとは、セメント質のものと繊維質を混ぜ合わせて作られた板です。

最近の住宅で使用されているもののほとんどが、この窯業系サイディングです。

 

窯業系サイディングはデザインが豊富で、シンプルなものからレンガ風・タイル調・石積み調まで様々なものがあります。おしゃれなラインナップが多いことも、最近の家で使用されている要因になっています。
さらに、セメント質を混ぜて成型するため地震などの衝撃にも強くなりますし、火にも強い性質を持っています。

 

詳しい補修事例はこちらから

 

 

金属系サイディング

金属サイディング凹み補修後

 

金属系サイディングは、ガルバリウム・アルミニウム・ステンレスなどの鋼板が使用されたサイディングです。

基材となる材料が金属なので、窯業系サイディングに比べて長期間メンテナンスが必要なくなります。

 

元々の金属が水を吸わないので、浸水する心配もありません。耐天候性もあり気温変化の激しい寒冷地などで使用されています。最近では金属加工の技術が進歩したことで、金属系サイディングでも様々なデザインが選べるようになりました。窯業系のようにレンガ風やタイル調のものも販売されています。しかし、やはり金属を使用しているので価格が高くなってしまう傾向にあります。

 

詳しい補修事例はこちらから

 

 

木質系サイディング

木質系サイディング

木質系サイディングというのは、その名の通り天然の木に塗装をして仕上げているサイディングです。
最近では天然木にこだわったお家も増えており、木目の外壁でも使用されています。

 

本物の木を使用したサイディングなので、木の特性上同じデザインになることはありませんし、耐熱性能にも優れています。しかし、天然木なので水に弱いのがデメリットです。基材に水分を含んだ状態で放置してしまうと、木が腐ってしまうこともあります。
そのため、こまめな再塗装などメンテナンスが必要です。しかも、天然の木を使用しているので、窯業系サイディングなどと比較すると価格も高くなります。

 

 

3. 事例紹介

弊社の外壁・サイディングに関する補修事例をご紹介します。

 

台風の影響により破損した戸建のサイディングとアルミサッシ

 

金属系サイディングの補修

金属系サイディングの補修

 

サイディングの補修事例一覧はこちら

 

 

まとめ

サイディングとは、外壁の素材の一種で、4種類に分けられます。

様々なメリットから、サイディングを使用しているお家や施設などが近年増えています。

 

外壁で気になっている凹みや、傷。

また破損して一部かけてしまっている場合でも、一からパテで形成し塗装・着色を行い、補修することができます。

 

ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせ

電話 : 06-6494-4701

補修したい箇所の写真をメールフォームからお送りいただくと、無料でお見積もり可能です。

メールフォームはこちら

LINEはこちら