補修事例

2022/04/11

1枚(単板)だけ浮いた床フローリングを直す方法

浮いたフローリングを補修した事例です。

 

補修前の状況

フローリングの1枚(単板)が浮いてしまい、いつ引っ掛けて、めくれてしまってもおかしくない状態でした。

 

このままでは危ないので、補修していきます。

 

1〜2mmの浮きがあり足は引っ掛かります

 

 

作業レポート

弾性の接着剤を横から流し込み、なるべく奥まで流し込みます。

そして、突っ張り棒で圧着します。

 

段差をなくします

 

接着後、段差はなくなりました

 

 

 

まとめ

家の中の気になる箇所は、さまざまな方法で直すことが可能です。

 

生活できないこともないレベルのことは、後回しにしがちですが、直すことで気持ちよく生活することができます。

 

今回のように1枚(単板)ではなく、部屋全体で浮いたような症状がある場合もあります。

そんな時は下記の記事をご覧ください。

 

費用については、直す範囲にもよりますのでお気軽にご相談ください。

 


お見積もり・ご相談の方法

メールまたはLINEで、補修したい箇所の写真をお送りください。




お見積もり・ご相談フォーム

    *は必須項目となります

    お名前 *

    会社名

    電話番号

    メールアドレス *

    ご希望の連絡方法 *
    メールお電話

    ▽ お電話の方は、ご希望の曜日と時間帯をお選びください
    ご連絡希望曜日

    ご連絡希望時間帯

    現場住所
    -
    郵便番号を入力してください。都道府県以降が自動入力されます。

    ご住所 *

    続きのご住所

    物件情報 *

    ご希望納期

    現在の状況

    添付ファイル
    ※最大容量10MBまで


    ※ファイルを選択できない方はこちらをご覧ください

    内 容

    ウェイアウトとzoomで打ち合わせ

    LINEで送信する

    メールで送信する

    電話で相談する

    ※お電話では傷の程度などが把握できないので終話後、お写真を送っていただく必要があります

    ウェイアウトとZoomでお打ち合わせ