補修事例

2020/04/16

商業施設・店舗#1 いつもキレイな状態でお客様をお迎えする為に、補修技術に出来ること

商業施設・店舗の補修

今回のテーマは
「いつもキレイな状態でお客様をお迎えする為に、補修技術に出来ること」

商業施設、百貨店やショッピングモールの店舗。
または、車のショールームなどで、下記のようなご相談をお受けすることがあります。

  • ベビーカーがぶつかって壁が凹んでしまった
  • モノを引きずって床にキズができた
  • 模様替えをしている時に壁にぶつけてヘコみができてしまった
  • 大理石の床に靴の擦り痕ができてしまった
  • ドアの取っ手の塗装が汚くなっている
  • トイレの壁、扉にキズや割れが出来ている

など、気をつけていても起こってしまうことはありませんか?
お店は常にキレイな状態での営業が求められます。

店員さん
いつもキレイな空間だからこそ
小さな傷が逆に目立ってしまうこともあります
代表 坂口
今回はそんな店舗をいつもキレイに
保つために補修にできることをご紹介します

 

 

こんなものが補修で直せます

床のタイルにできたキズ

床タイル補修

費用:夜間工事で35,000円

壁にぶつけて出来た凹み

壁 巾木 補修

費用:夜間工事で35,000円

職員さん
お客様のベビーカーがぶつかって凹んでしまうこともあるので助かります
代表 坂口
補修で直せる素材はその他にも色々あるんです

 

商業施設・店舗で補修できる場所の例

壁の凹み 窓枠の傷み
レジカウンターのキズ テーブルのキズ
トイレの壁・扉・石キズ 床タイルのキズ
ドアのキズ ドアの取っ手
大理石の欠け 装飾品の欠け
エレベーターのキズ・凹み 金属系素材のキズ
手すりのキズ・凹み 外壁のキズ

※上記は一例ですので、表にない所もお問い合わせください

 

店員さん
大理石やステンレスのキズは
付いてしまったら新品に交換するしかないと思っていたので驚きです
代表 坂口
『こんなもの直るのかなぁ』といった
ご相談もお気軽にお問い合わせください

経年劣化による変色や使用キズも補修で直せます

事例1:塗装の剥がれたカウンター

塗装剥がれ補修

費用
55,000円

事例2:ドアの取っ手部分の塗装はげ

ドア取っ手 塗装 補修

費用
30,000円
代表 坂口
取替となると大掛かりな工事になって
日程も費用も必要ですよね。補修でしたら、
大かがりな工事は必要なくキレイに保つことができます

※補修箇所は光の当たり方・見る角度によって色が違って見える事があります

ポイント
使用していれば経年劣化は、必ず起きてしまうものです。
交換のできないような場所でも、補修ならキズや塗装ハゲなども直すことができるので、経年劣化に補修は最適です。

作業時間が短いので、営業時間外で補修完了

キズなどの大きさ・範囲など、補修の程度によって作業時間は変動しますが、
先に述べたいつくかの事例の作業時間はおおよそ5〜7時間程度で完了しました。

代表 坂口
小さなキズなら作業時間が短いので
営業時間外や定休日に補修できます
ポイント
交換や取替工事に比べて補修で直す場合、作業時間がグンと短くなります。
1日で完了する作業が多いので、定休日に複数箇所の補修をまとめて行うなど、
予定が立てやすいことも補修のいいところです
代表 坂口
以上、商業施設・店舗向けの内容でした!
最後までお読みいただきありがとうございました

 

4. お見積もり・ご相談の方法

メールまたはLINEで、補修したい箇所の写真をお送りください。

LINEで送信する

メールで送信する