補修事例

2020/09/23

【賃貸の退去費用】キズや凹みはそのままにしておく?事前に直す?敷金は戻ってくるの?

賃貸退去時の費用について

賃貸物件を退去する前に、直しておきたい箇所はありませんか?

例えば…

  • フローリングに傷がある
  • ドアに大きな穴が開いている
  • ペットがつけてしまったひっかきキズがある

など、入居した際にはなかったキズやシミ。

退去前に自分で直すべきか?
それとも敷金で直せるのか?
退去費用はどのくらいかかるのか?

今回は、退去までになんとかしたいキズや凹みを補修で直した事例と、その費用をご紹介します。

 

 

キズや凹みは、退去前に直すべき?敷金は返ってくる?

賃貸物件を退去する時に悩むのが、

「事前に自分でキズを直してから退去するべきか?」
「管理会社にお任せしても敷金内で直してもらえるのか?」

または、
敷金、礼金が0円だった場合、高額請求されるのではないか?
などではないでしょうか。

 

細かくは契約内容にもよりますが、普通に生活していて、経年劣化によるキズや汚れなどに関しては請求されません。その場合のクリーニング費用は貸主さんが受け持つことになります。

しかし、住んでいる方の過失でつけてしまったキズや凹みに関しては請求される可能性があります。

 

過失でつけてしまった例とは、

  • フローリングにキャスターで傷をつけた
  • ドアを蹴って穴を開けてしまった
  • モノをぶつけて穴を開けてしまった
  • ペットがフローリングを引っ掻いてめくれてしまった

などです。

代表 坂口
ただし、このような過失によるキズについても
敷金内で原状回復することができれば、
退去時に新たな費用を請求されることはありません。

 

原状回復とかかる費用について

原状回復とは
本来存在したであろう状態に戻すこと
代表 坂口
賃貸における原状回復の目的とは、
元どおり、キレイにすることだけでなく
次に住む人が気持ちよく借りられる部屋・空間・環境にすることです。
原状回復にかかる費用
原状回復の費用は「キズの症状と大きさ」「どのくらいまで直すか」によって変わります。
敷金内で収まるかどうかは、算出された費用によりますが、原状回復では本来存在したであろう状態に戻すことが目的なので、新しく交換する費用より高くはならないと考えられます。
代表 坂口
状態や物によっては、
交換費用の方が安いこともあります

 

原状回復の方法

原状回復の方法は、

  1. 退去前に自分でキレイにして引き渡す
  2. ありのまま管理会社さんに引き渡す

の2つが考えられます。

1. 退去前に自分でキレイにして引き渡す場合
お直しキットのようなモノで、小さなキズなら自分で直せるかもしれません。
しかし、不慣れな場合は余計にキズを広げてしまったり、逆にその部分だけ目立ってしまう場合もあります。
キズや傷みの程度が大きい場合や、自分で直すのは不安な場合は、補修会社に直接ご連絡ください。余分な退去費用をかけずに直すことができます。
代表 坂口
実際に自分で直そうとして失敗したあとに
補修会社へご依頼されるケースは多いです

 

2. 管理会社さんにそのまま引き渡す場合
ありのままの状態で引き渡すのも1つの手段です。
その場合、補修が必要なキズなどの傷みがあったとき、補修会社に連絡が入ります。実は、管理会社さんにそのまま引き渡した場合でも、原状回復をするのは管理会社さんから依頼を受けた僕たちのような補修会社です。
代表 坂口
ただ、管理会社さんによっては補修会社を知らずに
交換・取り換えの選択しかない会社もあります。
その場合は高額な交換費用を請求されることもあります

 

ですので、時間がない場合をのぞいては、事前に補修会社の見積もりを取り、補修料金と敷金との比較で判断されるのが良いと思います。

 

退去前に補修会社にご相談をおすすめする理由

やはり退去時にポイントとなるのは、原状回復とは本来存在したであろう状態に戻すこと。この部分です。

代表 坂口
本来存在したであろう状態というとむずかしく聞こえますが、
つまり経年劣化であるかどうかという事です

では経年劣化と、そうではない場合の判断は誰がするのかというと、主には管理会社さん、大家さんがされます。

ポイント
退去の際、管理会社さんや大家さんが実際に見て、大切に使っていなかったと思われるくらいのキズがある場合は、敷金以上に費用を請求される可能性があります。

そのようにならないために、

  • 事前にどのくらいの費用がかかるのか
  • どのくらいまで直しておく必要があるのか
  • 事前に直す必要はあるのか

といった点を知っていただくとスムーズな退去が可能だと思います。

代表 坂口
管理会社さんから補修依頼を受ける僕たちだからこそ
どの程度直すべきか、といった難しい判断が可能です

ご相談の際は、気になる箇所の写真とともに住んでいる年数なども合わせてご相談ください。スムーズな退去をお手伝いします。

\事例で確認/
補修で直せる箇所と費用

【事例1】ドアの凹み

ドアの穴リペア補修

室内ドアに穴が開いたケースは、原状回復の中でも多い事例です。
ドアを取り換えずに、補修で直すことが可能です。

時間と費用について
作業時間:約5時間
費用:35,000円

【事例2】フローリングの無数のキズ、黒ジミ

フローリングキズ・黒ジミ

フローリングは素材によってはキズが付きやすいです。
この事例のように広範囲に及ぶ場合も、補修で対応可能です。
また、フローリングのキズだけでなく凹みやめくれ、焦げ、ゴムの色移り、変色なども補修で直すことができます。

時間と費用について(リビングと廊下にキズが広範囲に及んだ場合)
作業時間:約1日半
費用:120,000円

【事例3】ペットのかじりキズができた壁

ペット壁ビフォーアフター

壁だけでなく、フローリングや柱などにもペットによるキズでお困りの方がいます。
退去前でお急ぎの場合も、補修で対応できます。

時間と費用について
作業時間:約4時間
費用:35,000円

※補修部分は光の当たり具合や見る角度によって色が違って見えることがあります

【その他に原状回復できる主な箇所】

フローリング 室内ドア
備え付けの家具 クローゼット キッチン周り
和室 浴室 玄関ドア
窓枠
代表 坂口
そのほか直せるかわからない箇所も
お気軽にご相談ください

お見積もり・ご相談の方法

メールまたはLINEで、補修したい箇所の写真をお送りください。

LINEで送信する

メールで送信する

ウェイアウトとzoomで打ち合わせ